プリズンブレイク

プリズンブレイク:ネタ手帳


ウェント:ネコ嫌い?

本人は嫌いとまでは言っていないようですが、犬と猫に対しアレルギーがあるそうです。

ウェント:CM契約

以前韓国のジーンズメーカーとCM契約をしたウェントですが、今度は韓国のコーヒードリンクのCM契約を交わしたそうです。
French Cafeシリーズという飲料のようで、カップを持ったウェントの写真が公開されています。


マイケルとリンカーンの姓が違う?

マイケルと兄のリンク(リンカーン)は姓が違います。
マイケルが生まれた時、父親が家出して行方知らずになっていた為母方の姓(スコフィールド)を名乗り、リンクは父方の姓(バローズ)のまま育ちました。
マイケルが10歳の時、母は病気(ガン)で亡くなり、マイケルは6歳上のリンクを唯一の頼りに生きてきたという訳です。
またネタバレですが、リンクはマイケルに「母親の保険が出た」と言って9万ドル用意しマイケルを学校に通わせています。しかし実際には保険金など出ておらず、リンクがマイケルの為に借金していたのでした。
この兄弟愛のエピソードは過去編の「16話」で語られています。


マイケルは病気?

マイケルは2つの病を抱えています。1つは「潜在抑制の機能障害」という病気。
どういう病気かというと、「すべての情報を脳が受け入れてしまう」
というなんだかヤヤコシイ病気。
見たものの本質や構造内容まで瞬時に理解してしまう、という事ですが、例えばランプひとつを取って見ても私たちにはタダのランプにしか見えないものが、マイケルには内部のボルト、電球、構築している金具まで全部分かってしまう。
IQが低いと精神が病んでしまう病気ですが、逆に高いとクリエイティブな才能を発揮する事が出来るようになるそうです。
我らがマイケルはIQ200以上なので、良い方向に才能を活かしてるみたいですね。

もう1つの病は、人の痛みや哀しみに非常に敏感で、何とかしなきゃ!とすぐ行動するというもの。
当然悪い事ではないのですが、人はある程度他人を見捨てる事で、己を保っている部分があるハズが、マイケルは「余計なことにドンドン首を突っ込む」
なんていう性質を持っていることになります。
これが病となるのかどうかは、プリズンブレイクをいう作品を観た方にはすぐにピンとくるハズ。
マイケル君「首突っ込みすぎ」


イレズミ中の楽しみ

マイケル役のウェントは上半身にタトゥーが彫りこまれているという設定です。
という事は、撮影の際は毎回イレズミをペイントする事になるのですが、その間ウェントはヒマになっちゃいますよね。
その間彼がするお気に入りの待ち方は「iPod」でクラシックを聞く事。だそうです。
チャイコフスキーなんかがお気に入りの模様。
ちなみにあのタトゥーを入れるのにメイクアップアーティストが2人がかりで4時間(!)もかかるそうです。
一度入れたタトゥーが維持出来るのは最高で2週間。落とすのには2時間もかかるとのこと。
毎日入れたり剥がしたりはしないので、プライベートでもタトゥーが入ったままの時もあったとか。


マイケル役はラッキーヒット?

FOXが一度は作成を諦めたプリズンブレイクという作品の主役に抜擢されたウェント。
彼はタダのラッキーボーイだったのか?
答えはNo!断じてNo!
ウェントは自身の生き方について「役者以外考えられない」とインタビューで答えており、まさにその通りの下積みを10年もこなして来たのです。
裏方で経験を積み重ね、ここ最近の映画で端役(アンダーワールドなど)やボイスオンリーの役(ステルス)などをこなし、最高の主役として今プリズンブレイクに全ての情熱と時間を注いでいます。
(映画のオファーも来るけどPBセカンドシーズンに集中したいからという理由で断りまくっている)


歌うウェント

ウェントワース・ミラーはプリンストン大学在学中に[Tigertones]というアカペラグループに所属していました。
その際ウェントが歌った楽曲[That Cat is High]が23rdアルバム(Bachelor Days)に収録されています。ウェントの美声をお聞きしたい方はぜひチェックを!
[That Cat is High 歌詞]


ウェント出演PV

ウェントワース・ミラーはマライア・キャリーのプロモーションビデオに出演しています。
出演した曲のタイトルは
・It's Like That
・We Belong Together
で、結婚を控えたマライアの元に突然現れるという役で出演します。

We Belong Togetherは12週連続TOPを飾るなど非常に高評価された作品で観てみる価値は十分にあります。


ウェントの誕生日

ウェントワース・ミラーの誕生日は6/2です。
2007年の6/2で35歳となりました。同じ年齢の有名人は木村拓也・エミネム・ジダンなどです。


お料理ウェント

ウェントは「料理とかするの?」というインタビューに、「POP-Tartsのトーストなら焼けるよ!」
と答えています。
POP-Tartsってナニ?って方の為に説明すると、ケロッグ(原産国はカナダ)から出してる薄い甘い(キテレツなほど甘い)パンの様なもの
(参考画像)
トースターからPopして出てくるからポップタルト(ポップターツ)らしい。
そういやシカゴに居た頃、叔母が良くオヤツに出してくれたっけ。
現在、何種類も出てるけど、果たしてコレは料理と言えるのだろうか?(笑)
日本で購入するなら、輸入食材屋さんか問屋さんに問い合わせないと購入出来ないかも。
以前はどこのソニプラでも取り扱ってたんですが、最近は残念ながら見かけません。(販売店発見!ポップタルト別途ご紹介ページへ)